ふくろうの毎日一歩一歩

スキルアップを目指すはずだったアラサー会社員の等身大の雑記ブログ。

【初心者さん向】わかりやすいブログ記事を目指す!記事の構成には知っておくべきパターンがある【文章術の勉強】

「書きたいことはあるのに、全然文章が浮かばない。」

「こういうことを言いたいのに、どういったらいいのかわからない。」

 

ブログを書き始めたとき、そんな悩みはありませんでしたか?

私にはめちゃくちゃありました。

言いたいことはあるのに、文章にすると全然しっくりこなくて結局ボツにした記事もたくさんあります。

 

 

なんでそんなに書けないのか。

そのヒントを探し求めて、いろんなブログ記事をひたすら読み漁りました。

 

読みやすい記事って、なんだか構成が似ているような気がする・・・。

 

そんな気づきから、記事の構成方法を調べてまとめました。 

記事の構成を意識しないと、何を言いたいのかが明確でない、支離滅裂な文章になります。

今回は、言いたいことはあるのにうまくまとめられずに悩んでいる方に、ブログで使える構成のパターンについて解説します。

 

自分の意見を伝えるには論理的な構成が必要になる

「文章に正解はない」それは確かにそうだと思います。

 

しかし、文章にして発信する以上、必ず読んでくれる方がいるのです。

せっかく自分の言いたいことを表現したのに、読んでくれる人に伝わらなかったら悲しくないですか?

せっかく自分の記事に来てくれたなら、自分の考えが伝わったほうが嬉しいですよね。

 

自分ではない人に、自分の思いを伝えるには、相手にとってわかりやすい形にして表現しないといけません。

どんな形がわかりやすいか、それが論理的な構成です。

 

 筋道を立てて、矛盾がないように文章を展開することで読み手に伝えることができます。

 

そのために構成のパターンを知っておく必要があります。

 

構成を考える前にまずは大事なポイント

Webの文章は「結論」→理由の順を徹底する

Webに載せる文章を書く際に重要なのは、まず最初に「結論を」伝えることです。結論を先に伝えるとこにより、読み手は「なぜ、そういう結論になるのだろう?」と理由を知りたくなります。読み手がそういう気持ちになったところで、ゆっくり「理由」を述べていけばよいのです。

 この順序が逆になってしまうと、記事は途端に読まれにくくなります。なぜなら、Webで文章を読むほとんどの人は、その記事に自分のほしい情報があるかどうかがわからないと、すぐに離脱するからです。

(引用:沈黙のWebライティング‐Webマーケッター ボーンの激闘‐)

 

検索エンジンからサイトに訪れた人は、自分のほしい情報があるかどうかを重要視しています。

冒頭で自分の目的に合わないサイトであると判断されてしまっては、それ以上読んでもらえません。

 

結論→理由の順番で書くことが必須です。

 

伝わりやすくなる構成はコレ

三段論法

自分の意見に説得力を待たせたいときに使える構成です。

事実を前提に結論を導き出す方法です。

※ここでは定言的三段論法の型を紹介します。

 

AはBである

BはCである

つまり、CはAである

 

 という、なんか数学の証明問題みたいですが、原理はそれと同じです。

A=B=Cが成り立つことを証明するパターンです。

例文

①構成は筋道を立てて、文章を展開するものです。(AはB)

 

②筋道を立てて文章を展開すれば、読者に伝わりやすくなります。(BはC)

 

③なので、構成を意識すると読者に伝わりやすくなります。(CはA)

 

とってもわかりやすくなりますので、知っていて損はない構成です。

結論③を先に考えておいて、①→②の順番が考えやすくなります。

 

PREP法

もっとも一般的な構成方法です。

PREP(プレップ)法はPOINT、REASON、EXANPLE、POINTの頭文字から来ています。

POINT:導入結論

REASON:理由

EXANPLE:例題

POINT:最終結

結論を先に述べているので、ブログと相性の良い構成です

 

POINT:わかりやすい文章には構成が必要です。
REASON:構成は文章を筋道立てて説明するもので、わかりやすく記事が書けます。
EXAMPLE:(構成パターン)
POINT:この構成を使えばわかりやすく文章が書けます。

 

この記事はこんな構成で書いています。

 

 これも使える「時系列法」

これはそのまま過去→現在→未来と時系列順に出来事を書いている文章です。

一見日記を想像するかもしれませんが、変化を語るときにわかりやすくなります。

 

この記事で使っています↓ 

fukurou-diary.com

 

 

構成を知ってからがスタート

いかがでしたでしょうか。

パターンがあるなら記事は簡単に書けそうではないですか?

でも、実はここからがスタートなんです。

 

三段論法やPREP法で文章を構成するには、自分の中にある『なんとなく』を明確な言葉にできるように掘り下げなくてはいけません。

 

なんとなく直感的にこう思ったけど、本当にそうなのか?

自分の意見は本当に正しいのか?

 

自分の考えは結構感覚的になりがちなんです。

いざ言葉にしようとすると「あれ?」となってしまうことも。

 

自分の考えに、ひたすら「なぜ?」をぶつけて、思考を整理する必要があります。

 

結論と理由をちゃんと結びつけて考えられるようになってこそ、構成のパターンが活きてきます。

 

自分の意見を掘り下げることも大切ですが、掘り下げるときも構成を意識すると考えをまとめやすくなります。

 

ちなみに、この記事はPREP法を意識して書いています。

構成を知ってからほかのブログを読んでみると、PREP法が基になっている展開がかなり多いです。

 

自分なりに、構成を意識してたくさん書いてみることが大事ですね。

 

まとめ

言いたいことはあるのにうまく伝えられないときには、この構成パターンを意識して考えると分かりやすくなる

 

  1. 三段論法(自分の意見を主張したいとき)
  2. PREP法(納得してもらいたいとき)
  3. 時系列法(ストーリーを語るとき)

 

終わりに

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

私もブログを始めてしばらくは、言いたいことをただつらつらを並べていました。

全然内容にまとまりが無かったり、展開の仕方が分からなかったりで四苦八苦しました。

 

構成を知って今はちょっとずつ形になってきています。

 

いつも楽しく読ませてもらっているブログ様も、簡単に書かれたものではないんですね。

 

より読みやすい記事が書けるようになるために、 先輩ブロガーさん達を見習って、日々精進あるのみです。

 

ふくろうでした。