ふくろうの毎日一歩一歩

スキルアップを目指すはずだったアラサー会社員の等身大の雑記ブログ。

意外とちゃんとしらないかも!メタボリック症候群の基準値、判定方法をわかりやすく解説します。

f:id:fukurou19:20210502002246p:plain

お腹周りは気になりますよね。


こんばんは、

以前けんしんセンターでスタッフとして働いていた、ふくろうです。

 

その頃「メタボリック症候群についてちゃんと知らない受診者さんが多かったなー」と思い出し、わかりやすく解説してみようと記事にしました。

 

腹囲をまず基準にするのですが、腹囲85㎝は背の高い、ガタイのいい男性にとってはなかなか厳しい基準だと思われる方もいるんじゃないでしょうか。

 

メタボ=お腹たぷたぷのイメージがあるかと思いますが、それは合っているようでちょっと違います。

 

メタボリック症候群ってお腹周りが大きいことしかよく知らないなーっていう方、これから会社の健康診断を受ける方の豆知識になれば嬉しいです。

 

ちょっと心当たりがある方は、普段の生活を見直しましょう。

 

 メタボリック症候群とは何?

糖尿病をはじめとする生活習慣病の前段階の状態を示すものです。具体的には糖尿病の境界型や、高血圧・脂質異常症・肥満などが、程度が軽くとも重なって起こると、糖尿病の発症ならびに心臓や血管の病気につながりやすいといわれています。

メタボってなに? | 糖尿病情報センター

 

メタボリック症候群はただ太っているだけではなく、内臓に脂肪が蓄積した状態で、高血圧、脂質異常、糖尿病(境界型含む)が複数重なって起こっている状態を指します。

 

1つ1つは自覚症状がなく、病気として認識しにくいものですが、いくつも重なると動脈硬化(血管の老化)を起こしやすく、将来の心筋梗塞脳梗塞のリスクが高くなるのです。

 

また、コロナ禍においては糖尿病、高血圧、脂質異常症などの基礎疾患があるとコロナウイルス感染症が重症化しやすいということで特に注目を浴びたかと思います。

 

メタボリック症候群の判定の仕方

では、実際のメタボリック症候群の判定の仕方です。

  1. 腹囲の値を確認する。
  2. 血圧を確認する。
  3. 血液検査で糖尿病ないか確認する。
  4. 血液検査で脂質異常症がないか確認する。
  5. 2~4の中で2つ以上当てはまればメタボリック症候群です。

この5段階でメタボリック症候群かどうかを判定していきます。

※2~4は順不同で大丈夫です。

1、腹囲の値を確認する。

腹囲の基準値は

  • 男性85㎝以上
  • 女性90㎝以上

おへその高さで計測します。

エストサイズとは違い、一番太いところを測ります。

f:id:fukurou19:20210506234251p:plain

 

男女ともに身長が全く考慮されていないので、なんとなく不公平感もありますが、まずは腹囲でふるい分けします。

 

これより腹囲が細い人はひとまずメタボリック症候群には該当しません。

 

ちなみに、なんでこの腹囲が基準値になっているかというと、『内臓脂肪の面積が100㎠のときはこの腹囲になるから』だそうです。

女性のほうが大きいのは女性のほうが皮下脂肪を蓄えやすいからなんだって。

 

メタボリック症候群で問題になるのは『内臓脂肪』です。

皮下脂肪に関しては考慮されていません。

 

お腹周りを測っただけでは、内臓脂肪なのか皮下脂肪なのか、はたまた骨格的にガタイがいいだけなのかは、ぶっちゃけ判定が難しいのでこれだけでメタボリック症候群かどうかは決まりません。

 

これはあくまでも、最初の振るい分けです。

引っかかっちゃった人は次の項目を確認しましょう。

 

2、血圧を確認する。

血圧の基準値は

  • 収縮期130mmHg以上または拡張期85mmHg以上

収縮期がいわゆる『上』、拡張期が『下』と呼ばれています。

これは片方でも基準値を超えたら該当します。

135/90はもちろん、125/90や135/80でもアウトです。

 

3、血液検査で糖尿病がないか確認する。

糖尿病の基準は

「空腹時」とは最後にカロリーのあるものを食べてから10時間以上経過したあとの血糖値です。

たまに健康診断前に「朝食は抜いてきたけど、ジュース飲んできた」っていう人がいますが、ダメです。

血糖値はすぐにぎゅーんと上昇しますので、再検査まっしぐらです。

 

糖尿病かどうかを判定するにはHbA1c(ヘモグロビンエーワンシーと読みます)の値が重要になりますが、メタボリック症候群では血糖値のみです。

 

4、血液検査で脂質異常症がないか確認する。

脂質異常症とは

この2つの片方もしくは両方に当てはまる人が該当します。

 

5、2~4にいくつ該当しますか?

 

この3つのうち2つ以上に該当したらメタボリック症候群に診断されます。

1つでも該当すれば「メタボ予備軍」です。

 

腹囲は大きいけど、高血圧も糖尿病も脂質異常もない

意外に思われるかもしれませんが、腹囲は基準を超えているけれどもその他に何も該当しなかった場合はメタボリック症候群に該当しません

 

背が高くてガタイがいい、太ってはいないけど腹囲が85㎝を超えている方、安心してください。

 

しかし、男性で腹囲85㎝で脂質異常症と糖尿病があればメタボリック症候群になりますが、腹囲100㎝でも何の異常もない人はメタボリック症候群ではないのです。

 

私がけんしんセンターにいたときにも実際にいらっしゃいました。

腹囲が100㎝を超えているのに血液サラサラで、何の異常もない人が!

こればっかりは体質なのか遺伝なのか、何の違いなのかは全くわかりません。

若干の不公平感を感じなくもないですが、そういう人もいます。

 

見た目の太り具合とメタボリック症候群かどうかは必ずしも一致しないのです。

 

内臓脂肪と皮下脂肪

肥満のうちでも、おなかの内臓に脂肪がたまり腹囲が大きくなる「内臓脂肪型肥満(内臓肥満)」が、高血圧や糖尿病、脂質異常症などをひきおこしやすくし、これら内臓肥満と高血圧や糖尿病、脂質異常症が重複し、その数が多くなるほど、動脈硬化を進行させる危険が高まるという考え方です。

メタボリックシンドロームとは? | e-ヘルスネット(厚生労働省)

 

内臓脂肪は高血圧や糖尿病、脂質異常症を引き起こしやすいのですが、では皮下脂肪はどうでしょうか?

 

下脂肪型肥満は主に皮下組織に脂肪が蓄積するタイプの肥満で、お尻や太ももなど下半身の肉づきが良くなるその体型から、「洋ナシ型肥満」とも呼ばれます。

皮下脂肪型肥満 | e-ヘルスネット(厚生労働省)

 

皮下脂肪はお尻や太ももなど下半身につきやすく、女性の皆さんは気にしている方が多いと思います。

こちらはダイエットでも減らすのになかなか根気が要ります。

皮下脂肪は内臓脂肪と違い、動脈硬化のリスクは高くありませんが、睡眠時無呼吸症候群や月経異常につながることがありますので、どちらにせよ太りすぎ注意ということで。

 

内臓脂肪を正確に測るにはCT検査が必要

お腹周りを測っただけでは、内臓脂肪なのか皮下脂肪なのか筋肉なのか、はたまた骨格的にガタイがいいだけなのかは、ぶっちゃけ判定が難しいのでこれだけでメタボリック症候群かどうかは決まりません。

 

先ほどの腹囲の項目でこのように書きましたが、筋肉や皮下脂肪と分けて正確に内臓脂肪の面積を測る方法があります。

『CT撮影』です。

f:id:fukurou19:20210506234311p:plain

 

身体を輪切りにして撮影するCTスキャン

腹囲の写真から内臓脂肪面積を正確に計測することができます。

 

肺CT付人間ドックのオプションで計測してくれる施設もあると思いますので、気になる方はかかりつけのけんしんセンターに確認してみてください。

 

痩せているのにガタイが大きいばっかりに腹囲でいつも引っかかってしまう方は、CT撮影をすれば内臓脂肪が多くないことが証明できます。

 

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

 

若干の不公平感を感じてしまいますが、お腹周りの大きさだけでメタボが決まるわけではないというのが分っていただけたと思います。

 

人を見た目だけでメタボと判断してはいけません。

 

ですが、太っているようでメタボリック症候群に該当しない人いれば、やせているけれども高血圧や脂質異常症に該当する人もいます。

なので、健康診断の結果で異常が出たら、必ず精査を行ってください。

 

実は重大な疾患が隠れている場合も充分にあります。

早期発見、早期治療が大切です。

 

健康診断や人間ドックは症状がないうちに異常を発見するチャンスです。

精密検査をめんどくさがってそのチャンスを潰してしまったらもったいない!

 

感染症の流行で健康への意識が高まってきていると思います。

健康診断の結果の意味を正しく理解するためのお役に立てれば幸いです。

 

ふくろうでした。

 

おまけのけんしん豆知識

「検診」と「健診」の違いをご存じでしょうか?

  • 「検診」は婦人科検診などのピンポイントなけんしん
  • 「健診」は体全体を広く検査するけんしん

この2つをあわせて「けんしん」とひらがなで表記しています。

 

参考サイト

www.e-healthnet.mhlw.go.jp

dmic.ncgm.go.jp