ふくろうの毎日一歩一歩

アラサー会社員のゆったりのんびりマイペースな雑記ブログ

1級合格できる勉強方法!WEBライティング能力検定を受験して合格しました

 

f:id:fukurou19:20210619001114j:plain

先日、日本WEBライティング協会が主催するWEBライティング能力検定を受験してきました。

 

結果は1級合格!!!

いえーーーーい!

 

1級合格率は25~30%、私の今回の勉強時間は12時間(6日間)得点は84/88点になります。

期限ギリギリに申し込み、短時間ではあるかもしれませんがWEBライティングについてみっちり勉強しました。

 

今回は、

  • WEBライティング能力検定ってどんな検定?
  • 1級合格したいけどどんな勉強したらいいの?

という方に向けて、受験レポートをまとめました。

 

WEBライティング能力検定ってどんな試験?

f:id:fukurou19:20210618224950j:plain

 取得等級のレベルの目安

1級 一般的な仕事はもちろん、高度な仕事もできるトップレベルのスキルを持つ

2級 一般的な仕事を行う上で充分なスキルを持つ

3級 一般的な仕事を行う上で最低限のスキルを持つ

 

WEBライティング能力検定という名称なので、WEBライティングにおける文章力を鍛える検定かと思いましたが、インターネットで情報を発信するにあたっての基本的な知識やリテラシーをメインに問う検定でした。

 

公式HPによると企業の新人研修としてこの検定を導入しているところも多く、これからWEBで発信しようとしている人にこそ必要な知識を得ることができます。

 

ミニ論文もあり勉強しごたえのある検定です。

 WEBライターのみならず、SNSを利用する人は知っておいて損のない知識を学べます。

 

f:id:fukurou19:20210314012920p:plain

1級 80~88点
2級 70~79点
3級 53~69点
53点以下 資格なし

マークシート式4択問題。ミニ論文あり。

 

通常検定試験といえば、各級に対応した問題が出て6~7割正解できれば合格できますが、この検定は獲得した点数に応じて級が決まります。

 

試験日は5月、8月、11月で比較的チャンスが多いです。

地方受験の会場も多く、地方民も受験しやすいのがうれしいところ。

 

受験料は13500円(税込み)です。

学生さんは半額なので、学生のうちに取るほうがいいですよ!

ちょっと割高ですが、公式テキストの市販はなく、入金すると専用のテキストのPDFが送られてきます。

 

がっちり勉強したいときは、DVDセット(19800円)もあります。

こっちを選ぶとDVD講座のレジュメとミニ論文の添削サービス、講師に質問できる権利もつきます。

 

試験費用って考えると高いですが、『WEBライティング講座の受講料(試験と認定込み)』って考えると妥当かもしれません。

 

ちなみに検定の有効期限は2年間です。

 

詳細はコチラ↓

xn--web-pi4be7e0holjd5279abzjl89cqqd.com

 

類似の検定もあるので注意

名前と内容の似ている試験としてWEBライティング技能検定があります。

こちらは合格するとWEBライティング実務士を名乗れるようです。

 

crowd-kentei.or.jp

運営元も違う全く異なる試験です。

 

両方ともWEBライティングに関する試験ですが、これがあるからといって必ずWEBライターの仕事があるかといえばそんなこともないのが辛いところ。

 

あくまで勉強する機会を得るため、自分に自信をつけるための試験です。 

 

1級合格のための勉強法

f:id:fukurou19:20210618225903j:plain


私は今回、WEBライティングについてがっつり勉強したかったので、DVDセット(19800円)を購入。

締め切りギリギリの申し込みだったので、教材が手元に届いたのは残り2週間を切ったころでした。

 

私がした勉強法はコチラ

  1. テキストを一通り読む
  2. 各章の練習問題を解く
  3. 付属の「Webライティングが2ランクUPする問題集」を解く
  4. 特に難しく感じた「日本語」の分野をノートにまとめて覚える
  5. DVDをみる
  6. 練習問題とスキルアップ問題集をひたすら解く(4回くらい)
  7. ミニ論文を書いてみる

 

1、テキストを読む

f:id:fukurou19:20210314204603p:plain

テキストはかなりボリュームがあるように見えますが、結構サクサク読めます。

 

内容を全体的に把握して、自分の苦手なところ、勉強に時間をかけたほうがいいところをピックアップします。

 

私の場合は、日本語が意外と難しく感じたのでそこを重点的に。

SEOに関しては、ブログ運営のために いろいろ調べていた知識があったのでそこは

確認程度に。

 

2、各章の練習問題を解く

本番は練習問題の類似の問題も出題されました。

  1. まずは一通り問題を解く
  2. わからないところや不正解の選択肢の何が間違っているのかを調べる
  3. しっかり理解する

という流れですべての問題を解きます。

 

3、付属の「Webライティングが2ランクUPする問題集」を解く

PDFで送られてくる、マルバツ式の問題集です。

 

公式テキストの内容と対応していますので、テキストで知識を確認したらこの問題集も解いてみて、回答を確認します。

一通り解答したら、×になる問題のなのが間違っているのかしっかり確認します。

 

4、特に難しく感じた「日本語」の分野をノートにまとめて覚える

f:id:fukurou19:20210509140132j:plain

テキスト1番最初の「日本語」はちょっと難しく感じるかもしれません。

でも慌てることなく、練習問題を一つずつ確認しましょう。

テキストの問題を完璧にしておけば本番の試験も落ち着いて回答できます。

 

熟語、ことわざの意味をすべてしっかり確認して漢字で書けるようにしておくと安心です。

 

勉強で一番時間を使ったのは、この実は間違って覚えていたことわざや熟語の意味をすべて調べなおしてまとめることでした。

 

5、DVDをみる

DVDを見ながらレジュメを確認します。

DVDでは非常に丁寧にゆっくり解説してくれます。

メモを取るのも余裕があるくらいの速度です。

 

私はテキストを自分で確認した後に、見落としている知識がないか確認を兼ねてDVDを見ました。

ゆっくり丁寧なんですが、私はせっかちなので1.5倍速で見ていきました。

それでも十分聞き取れます。

 

私はテキストを読むことから始めましたが、DVDで全体を確認してから始めてもいいかもしれません。

 

6、練習問題とスキルアップ問題集をひたすら解く(4回くらい)

テキスト、DVDで試験範囲の知識を網羅したらあとはひたすら問題を解きます。

4回くらい繰り返して頭に定着させました。

 

7、ミニ論文を書いてみる

ミニ論文は実際に書いてみたほうがいいです。

 

私はせっかく添削サービスがついていたのに、教材が届くのがギリギリすぎて添削に出せず。

模範解答を見ながら自分だったらどんな文章にするかを考えました。

 

ミニ論文の攻略法

16点満点制
Webライティングに関わる何らかの問題が出されます。
文字数は200~300文字。

<大まかな基準>
0~8点:意味がわからない。
主要部分が読めない。問題に答えていない。規定を間違えている(文字数が制限外など)。
反社会的などの場合。
9~13点:意味がわかりにくい。明らかに表現や文法が不自然な場合。
14~16点:一部に不自然な部分がある又は問題ない場合。

配点が多いのでなるべく点をとりたいところ。

 

WEBライティングでは「頭括型」「双括型」の文章が良いとされています。

「結論は最初に書く」が基本ですね。

 

なので、私の場合は

  1. 自分の主張
  2. その主張に至るまでの根拠、理由
  3. もう一度自分の主張、結論
  4. そこからの展望など

という構成で書きました。

1文が長すぎると意味が分かりにくいので、1文60文字以内を目安にします。

 

本当は添削してもらいたかったんですが、時間がなかったので自分で勉強しました。

 

テキストにミニ論文の例題と解答例がついています。

それを利用して

  1. まずは自分で論文を書いてみる
  2. 解答例を読む
  3. 解答例を写し書きして、構成を考える
  4. 自分の書いた論文を直してみる

書き写してみると、どういう構成でどのくらいの分量で書いたらいいのか体感できるのでオススメです。

 

試験当日の時間配分

f:id:fukurou19:20210618235307j:plain

試験時間は90分です。

長そうに感じますが、やってみると結構ギリギリ。

時間配分は結構重要でした。

 

選択問題を解くのに45分、ミニ論文に30分、見直しに15分かかりました。

1級は80点必要なので、見直し必須です。

私もこの見直しでマークミスに気がつきました。

 

ミニ論文はまず下書きをして字数を確認してから解答用紙に記入するのをオススメします。

字数が合わなくて消したり書いたりしていたら、確実に時間が無くなります。

 

結果

f:id:fukurou19:20210619001159j:plain

84/88点!!

4ミスのみで無事1級合格です。

結果は点数のみ、正誤表などはもらえませんでした。

 

うーん、ミニ論文自身あったんだけどな・・・。

何で1点減点されたのか気になるところです。

 

受験してみてのまとめ

 インターネットで発信するにあたってのリテラシーを学べます。

 

独学だとどうしても知識が偏ってしまいがちです。

 SEOについてはめちゃめちゃしっかり勉強するのに、関連する法律は著作権や引用のルールくらいしか調べてないということもあるかと思います。

(まさに私の事です)

 

WEBで情報発信するにあたって知っておくべきことを広く網羅して学べます。

ライターさんだけでなく、ネットで発信するすべての人にオススメできる内容でした。

 

SNS超初心者として4か月前にブログを始めた身としては受験してよかったです。

 

多くの企業が研修で利用している検定ということで、本当に知っておくべき基礎はしっかり身につきます。

 

ただ、あくまで本当に基礎の基礎です。

 

ミニ論文もありますが文章力は本当に最低限という印象。

「1級とったからおっけー!」

ではなく、これからもちゃんと自分で研鑽していかないとと思いました。

 

WEBライティング能力検定はこんな人にもオススメ

  • WEBライティングの基礎を学びたい
  • WEBライターとしての知識に自信を持ちたい
  • WEBで情報発信する際に気を付けるべきことを知りたい
  • インターネットのリテラシーを身に付けたい
  • 会社のHPのブログやフェイスブックの投稿をしているけどもどんな内容を投稿したらいいのかわからない・・・

という方にオススメできる検定です。

 

試験詳細と申し込みは公式ホームページから↓

xn--web-pi4be7e0holjd5279abzjl89cqqd.com

 

おわりに

自分の独学では眼を向けなかったことも勉強出来て、受験したことで知識の幅も広がりました。

 

ブログは完全に独学で、自分の文章にも自信が持てなかったんですが、「1級合格」をいただけたのはうれしかったです。

 

こうやってちょっとずつ自信をつけていけたらいいな。

 

インターネットで発信をするにあたって知っておくべき法律も学べますので、ブロガーさんのみならずツイッターフェイスブックで発信する方にもオススメです。

 

興味のある方は、年3回ほど試験がありますのでいかがでしょうか?

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事がお役に立てばうれしいです。

 

ふくろうでした。