ふくろうの毎日一歩一歩

アラサー会社員のゆったりのんびりマイペースな雑記ブログ

お寿司を食べに新潟に行きたい話と海へのあこがれ【今週のお題】

今週のお題「寿司」

f:id:fukurou19:20210710230954j:plain

 

お寿司大好き海なし県民、ふくろうです。

お寿司に限らずお刺身も好きですし、お寿司屋さんのお味噌汁も茶碗蒸しも大好きです。

 

まあ、つまりはお寿司屋さんが大好きです。

 

回っているお寿司もおいしいし、回っていないお寿司はさらにおいしい。

(最近はコロナの影響で回っていないことのほうが多くなってしまいましたね。)

 

でも悲しいことに、私は山国在住です。

 

海がない・・・。

 

超新鮮な海産物を地元で食べるのはなかなかハードルが高いです。

海辺の町の新鮮な海産物って最高においしいよね・・・。

 

新潟に日本海のおいしい海の幸を食べに行きたいとずっと思っていたのですが、コロナ禍になってしまい、なかなか実現できないままでいます。

 

ということで、日本海の幸を食べに新潟に行きたい話を聞いてください。

 

回転寿司もいいよね

f:id:fukurou19:20210710231205j:plain

 

テーマが「寿司」なので、まずは回転ずしの話から。

 

コロナ禍で変わった回転寿司

コロナ禍になって、衛生管理がかなり厳しくなりましたね。

最近では回転寿司が回転しなくなってしまいました。

 

タッチパネルで注文して、別レーンでビューンとお寿司が到着します。

これはこれで楽しい

 

新幹線のデザインだったりして、大人でも楽しいです。

たまに自分たちよりもレーン下流の人の注文が目の前を通り過ぎていくのをみて、「次アレ頼もう」みたいになります。

 

エンターテイメント性があって、回転寿司にありがちな「ネタとシャリがぱさぱさ」っていうのがなくなったのは良かったです。

 

回転寿司はサイドメニューもウマいよね

最近はフライドポテトとかジャンキーなメニューから、デザートまでなかなか種類が豊富ですね。

春頃はイチゴフェアやってました。

 

今回はそれではなくて、茶わん蒸しとかアラ汁とかもっとお寿司屋さんっぽいメニューです。

 

お寿司屋さんのお味噌汁ってなんであんなにおいしいのか。

お味噌汁って結構お腹に溜まってしまうんですが、お寿司屋さんでしか飲めないお味噌汁は飲まずにはいられません。

 

新潟県佐渡 廻転寿司 弁慶」に行きたい!!!

ここでお寿司を食べるために新潟に行きたいのです。

 

テレビで知ってずっと行きたい

www.tbs.co.jp

 

ちょっと前ですが、「バナナマンのせっかくグルメ」で取り上げられていて、これはぜひとも行かなくては!!と思っているお寿司屋さんです。

 

sado-benkei.com

 

あと、このお店を調べるために食べログで新潟のお寿司屋さんを検索したのですが、新潟はお寿司屋さんメッチャ多い!

「のどぐろ」って新潟とか、海の近くでしか食べられないイメージあるので、1回食べてみたいです。

 

ぷりぷりのお魚がのったお寿司の写真がいっぱい出てきて飯テロです。

tabelog.com

 

おなかすいてきた・・・。

 

回転寿司だと入りやすいよね

おいしいお魚を食べたいと思ったら、ちょっといいお店に入る必要があります。

でも、カウンターオンリーのお寿司の専門店て高級そうで、なんとなく入りにくくないですか?

 

回転寿司というだけでなんとなくですが、心のハードルを下げてくれます。

 

その他にも行ってみたい新潟県

長野県民にとってはなぜか「海」といえば「新潟」です。

海なし県民には湘南とか逗子とか海海しい海(?)はハードルが高いのものです。

(いつかチラッとみた秘密のケンミンショウで同じこと言ってたから、多分そう思っている人は多いのかも)

 

水族館に行きたい

f:id:fukurou19:20210710230753j:plain

www.marinepia.or.jp

水族館といえば海の近く!

海に行くなら水族館を堪能しなくてはいけません。

 

綺麗でポピュラーなお魚たちもいいんですが、何気にクラゲとかチンアナゴとか、一風変わったお魚さんたちも見ていて楽しいですよね。

でかい水槽は何にも考えずにしばらく眺めていられます。

 

とはいえ長野県にも一応あるんですよ、水族館。ちょっとちっちゃいですが。

日本一標高の高い「天空水族館」 - 蓼科アミューズメント水族館 公式ホームページ

 淡水魚専門の水族館ですが、山の中の水族館に興味のある方はぜひ。

 

せっかくだから海を堪能したい

f:id:fukurou19:20210710230656j:plain



海なし県民は泳げないわけではありませんが、しかし私は泳げません。

海水浴をしたいわけではないですけれども、海を感じたい気持ちはあります。

 

普段海に縁がないと、海の近くで潮の匂いを感じるとちょっとテンションが上がるのは海なし県民ならわかってくれるはず!

みなとみらいでもお台場でも同じ気持ちになりました。

 

港街もいいんですが、砂浜の波打ち際も堪能したいもの。

日本海側の海も透明度が高くてきれいなので、砂浜を散歩するだけでもなかなか癒されそうです。

 

終わりに

お題「寿司」から、お寿司にまつわる雑談にお付き合い頂きましてありがとうございます。

 

新潟に行きたい欲が高まっているのですが、何にも後ろめたくない旅行ができるのはいつになることやら・・・。

新潟の冬は雪が多いことで有名なので、できる限り夏のうちに新潟の海を堪能したいところです。

 

普段あんまりテレビは見ないので、たまに見た番組はしっかり覚えているふくろうでした。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が何かのお役に立てれば嬉しいです。