ふくろうの毎日一歩一歩

スキルアップを目指すはずだったアラサー会社員の等身大の雑記ブログ。

文章はたった1人に向けて書く事で、結果多くの人に届く【本紹介】

私にはブログを始めてから、常々疑問に思っていたことがあります。

「ブログ 記事 書き方」で検索すれば、必ず帰ってくる解答。

 

 

「想定読者を細かく絞る」「たった一人の読み手に向けて書く」

 

 

 これ・・・。

なんで?

 

「昔の自分に向けて書く」とも言います。

人を集めたいはずなのに、なんで対象をそんなにピンポイントで限定するんでしょうか。

ブログを始めてからずっと疑問だったんですよね。

 

幅広く多くの人に受け入れてもらえる文章ではどうしてダメなの?

たくさんの人に読んでもらいたいと思っているのに、たった一人を想定する・・・。

 

この矛盾が、今までどうしても疑問でした。

 

この答えを知る事で、文章の納得感は格段にアップします。

「浅く広く」よりも「狭く深く」が評価されるナゾ

1人を対象にした記事は深いが、狭い。

セレクトショップのように、好きな人は好きだけど、好き嫌いが分かれるもの。

 

多くの人を対象にした記事は浅くなってしまうが、広い。

ショッピングモールやスーパーマーケットのように、浅くはあるけど、より多くの情報が一気に手に入る汎用性の高いもの。

 

素人考えかもしれませんが、私は当初そういうイメージがありました。

より多くの人を想定したほうが、たくさんの人にアクセスしてもらえそうに思いませんか?

 

この答えのヒントになった本

その答えにたどり着けたのは、『20歳の自分に受けさせたい文章講義』(著:古賀史健)がヒントになりました。

著者の古賀史健さんは、ベストセラー『嫌われる勇気』を執筆した一人。

現在までに100冊以上を担当した、ライターさんです。

 

この本はそんなライターの古賀さんが、20歳の自分に伝えたい文章術やノウハウ、哲学を余すことなく詰め込んでいる一冊。

 

文章を書き慣れていない私でも「読みやすい文章が書けるようにならないかな」と切実な思いで読み始めた1冊です。

 

この本のタイトルも「20歳の自分に」と語り掛ける相手が、超限定されています。

なのに多くの人に読まれるベストセラーです。

 

その答えは『納得させられるかどうか』

この本で語られるたくさんの文章術の中の一つに、「読者の『椅子』に座る」というものがあります。

ここでも、読んでもらいたい人は「10年前の自分」か「特定の”あの人”」です。

 

10年前の自分に向けて書く

彼や彼女がどんな景色を見て、どんな悩みを抱えているのか。どんな言葉を嫌い、どんな言葉に耳を傾け、どう伝えれば納得してくれるのか。すべてが手に取るようにわかるはずだ。

 

こうして書かれた文章は、言葉の強度が違う。

書き手である自分に切実な「伝えたい!!」という思いがあるため、たとえ技術的に多少の難があったとしても、必ず読み手に届く文章になる。

(引用:20歳の自分に受けさせたい文章講義)

 

なるほど、確かに自分を納得させるための文章なら具体的なイメージが浮かびます。

やってよかったこと、たくさん後悔したこと・・・。

どんな言葉が欲しかったのか、何を選択すればよかったのか。

 

『昔の自分に向けて』なんて超限定的なニーズのようですが、同じ悩みを持っている人は意外と多いものかもしれません。

 

少なくとも、この本を読んでいる人は20歳の古賀さんと同じことに悩んでいるからです。

ベストセラーになるほど多くの人が、です。

 

たった1人の”あの人”に向けて書く

アクセス数を最優先に考えるブロガーたちは、自分や自分のブログを、よりたくさんの人に受け入れてもらえるように心掛ける。

(中略)

すると文章は、途端に保守的で刺激のない八方美人な姿になってしまう。

自らの”主張”をなるべく抑え、いい人ぶって、表現をぼかしながら、始終当たり障りのない話をするのだ。

(引用:20歳の自分に受けさせたい文章講義)

 

これを読むと

確かに、万人受けする文章って、

 

つまらなさそうだなぁ。

 

書くのが自分である必要はないってことだもんね。

読むのも、書くのも退屈そう・・・。

 

たった1人でも納得する文章を

むしろ”みんな”から喜ばれようとするほど、だれからも喜ばれない文章になるのだ。

(引用:20歳の自分に受けさせたい文章講義)

 

これこそが、私が最初に挙げた疑問の答えとして、一番しっくりきます。

 

みんなに納得してもらおうとすれば、だれにも納得してもらえない。

しかし、確実に1人を納得させる文章を書けば、1人は納得してくれる。

 

そしてこの1人は、たった1人ではありません。

より多くの人に伝わる文章を書きたいのなら、1人に向けた文章のほうが確実に多くの人が納得してくれるのです。

 

これは私の失敗談でもある

 冒頭のとおり、私は多くの人を対象にしたほうがいいんだろうと思っていました。

より多く手を広げたほうが、多くをつかめるような感覚です。

 

でも、文章が自分の目指している姿にならないんですよね。

 

私が楽しく読んで、憧れたブログってこんなんだっけ?

自分で読んでてもつまらない文章なんだよなぁ・・・。

 

それもそのはずです。

八方美人すぎる考え方でした。

手を広げ過ぎたら、何にもつかめなかったいい例かも。

 

この記事はそんな勘違いをしていた、昨日までの自分に向けて書いています。

おわりに

 最後になりましたが、『20歳の自分に受けさせたい文章講義』(著:古賀史健)オススメです。

ライティングのノウハウや哲学がぎっちり詰まっていて、多くのブロガーさんがライティング力の向上にオススメしています。

 私はまだまだ修行が足りませんが、今後自分の文章を磨くための指針になりそうです。

気になる方はぜひ。

 

 

八方美人になるよりも、

自分の好きなこと、言いたいこと、伝えたいことを

伝えたい人に熱く伝えるほうがいいよね。

 

ふくろうでした。