ふくろうの毎日一歩一歩

スキルアップを目指すはずだったアラサー会社員の等身大の雑記ブログ。

記事の書き方を変えたら、ブログを読んでくれる人が増えました!【ブログ4か月目運営記録】

f:id:fukurou19:20210523182952p:image

2021年2月1日に始めたこのブログも運営4か月が経過しようとしています。

早かったなあ。

 

「ブログは過去の自分に向けて書く」と良いと言います。

 

でも、今回は「未来の自分」が後で見返したときに「あの時はこうだったなぁ」「こんなこと考えてたなぁ」と振り返る記録です。

 

私的にはこの1か月はブログ月間でした。

記事の書き方を変えたり試行錯誤してちょっとブログに変化が出てきたので、この1か月でした工夫を記録しておこうと思います。

 

自分用の記録を兼ねていますが、ほかの人のブログ論ってつい読んじゃうので、もしかしたら需要があるんじゃないかと記事にしました。

 

ブログ始めたけど誰も見てくれないとか、文章が上手くまとめられないお悩みのヒントになれればうれしいです。

 

気になる方はぜひどうぞ。

はじめに:この記事にPV報告はありません。

ブログの運営報告といえば、恐らくみなさん「PV報告」「収益報告」といったもの想像するかもしれませんが、この記事にはそのタイプの数字の報告はありません。

そういったものを期待していた方にはすみません。

 

なんでかというと、そもそもこのブログはまだGoogleアナリティクスを導入していないからです。

現時点ではPV数を大きく気にしていないのです。

 

その理由は以下の2点。

  • 3か月目までほとんどブログにアクセスがなかった
  • そもそもブログの記事に自信がなくてアクセス解析以前の問題だったから

この後にそれぞれを解説していきます。

 

3か月目までの自分の状況

では、ブログ論を語る前にまず3か月目までの自分の状況を。

 

私、仕事の方で5月にスキルアップ試験が控えていました。

この試験に合格するために、上司に推薦状をもらったり、勉強会に参加したり、何か月も勉強していました。

勉強時間自体は200時間くらいは積み上げていたと思います。

ブログ3ヶ月目の4月は勉強も佳境でした。

 

しかし、この試験の会場は東京都。

全国から同じ志を持った人が、東京都に集結する試験です。

そのため感染症の再流行で緊急事態宣言が出た時点で、今回の試験は中止という連絡が来てしまいました。

そして再試験の目途は立っていません。

 

f:id:fukurou19:20210314205928p:plain

これにはずいぶん凹みました。

大学を卒業してから最大の勉強時間をかけてきたのですから。

 

悲しい気持ちと悔しい気持ちとごちゃごちゃです。

でも、こればっかりはしょうがない。

感染症をこれ以上広げないために、県を跨ぐ不要不急の移動を控えることが今出来る社会貢献です。

大変な思いをしている人はたくさんいます。

私一人が我慢しているわけじゃないのです。

 

 

しかしこのせいで運営3か月目の記事を見るとなんだか苦しそう。

fukurou-diary.com

 

落ち込みはしましたが、4月末に試験がなくなることが分かったので、5月はゴールデンウイークも含めてブログに時間をたっぷり使えるようになりました。

 

それまでは「勉強のプレッシャーの中でブログも書きたい」という状況でしたが、不本意ながらプレッシャーからはしばらく解放されたので、4ヶ月目の5月はブログ月間にすることに。

 

3か月目までのブログの状況

このブログはもともと転職するときに困らないくらい、いろんなスキルを身に付けたく、その記録用に始めました。

書くことが楽しくなり、今ではすっかり雑記ブログとなりましたが。

 

ブログという媒体を選んだのは、好きなブロガーさんがいたから。

私もこんなブログを書いてみたいと思ったからです。

 

でも、ブログ初心者がすぐにそんな素敵な記事を書けるわけもなく、「こんな感じの記事を書きたいんだけど、私のブログはなんか違う」という状況に。

 

この時の記事の書き方は、

  1. 書きたいトピックスをなんとなーく決める。
  2. 書き始める。
  3. がんばる。

という衝撃の構成。

 

誰に何を言いたいのかも全く決めずに書き始めていたので、スタートしたはいいけども、どうゴールしたらいいのかわからなくなってました。

 

自分でも何が言いたいのかわからない・・・。

 

そんな読みにくい記事では、当然読者になってくれる人もなければ、また読みたいと思ってくれる人もいない・・・。

なので3か月目まではPVがほとんどありませんでした。

結構さみしかったです。

 

でも原因は明確です。

読みたいと思ってもらえる記事がない。

コレ!!!!

 

なにより自分が自分のブログの記事に納得いっていません。

だからアクセス解析よりもまずブログの記事を充実させることのほうが大事でした。

 

だって、自信をもって「読んでー!」って言える記事がないのに、PV数を気にして「読んでもらえていない・・・。」って思うのは違うじゃないですか。

 

そのため、アナリティクスは導入していなかったのでした。

 

 この時の私の中の合言葉は

PV数じゃない、記事を書け!!

 

4か月目は記事の書き方を変えた

まず記事をどうにかしなくては!

そう考えてからは記事の書き方を変えました。

 

今までは「このこと書きたい!」だけで書き始めていましたが、もっと構成を練ることに時間をかけるように。

 

具体的な手順はこちら

  1. 書きたいトピックスが思いつく
  2. そのトピックスのキーワードを調べる
  3. 記事の言いたいことと結論を決める
  4. 記事のアウトライン(目次)を決める
  5. 詳しく書き込む
  6. 挿絵を入れる

新しく始めたのは、「キーワードを調べる」「言いたいことと結論を決める」「アウトラインから書き始める」です。

 

キーワードを調べる

キーワードとは、その記事のテーマになる単語の事。

その記事を検索エンジンで検索しようとしたときに、入力する言葉です。

 

例えば、 この記事。

fukurou-diary.com

この記事は検索エンジンで探すときには「朝型」「メリット」「デメリット」などの単語で検索されることを想定しています。

なので、この記事のキーワードは「朝型」「メリット」「デメリット」などになります。

 

ここからは、実際の書き方になります。

「朝型生活」の記事を書きたいと思いついたら、まずはキーワードを調べます。

 

キーワードはこちらのラッコキーワードで調べられます。

ラッコキーワードは無料版でも十分便利です。

related-keywords.com

ここで調べることができるのは、その単語を検索エンジンで検索しようとしたときに一緒に入力されている単語、いわゆるサジェストされてくる単語にはどんなものがあるのかです。

 

キーワード「朝型」で検索してみます。

 

f:id:fukurou19:20210525214529p:plain



そうすると、サジェストされる言葉の一覧が出てきます。

検索している人は「朝型」の何についてより詳しく知りたいと思っているのかが、このサジェスト一覧からわかります。

 

この中で自分の体験を通じてブログで伝えられそうなのは「メリット」「デメリット」「スケジュール」など。

 それを盛り込んだ構成で記事を書くという方針ができます。

 

言いたいことと結論を決める

 言いたいことと結論はスタートとゴールです。

 

道案内でもそうだと思いますが、まず自分はどこにいて、どこに行きたいのかを明確にしておかなくては道に迷ってしまいます。

書きたい記事のテーマが決まったら、まずはどんなことを伝えたいのか、結論は何なのかを自分の中ではっきりさせておきます。

 

たまに勢いで書きはじめることもありますが、そういう時はなかなか筆が進みません。

 

アウトラインを決める

 アウトラインは目次です。

導入文から結論までどういう構成にするか先に決めておくようにしました。

 

道案内の例で言うと、これはゴールまでの間の経由地です。

どういう順番で話を展開するのか先に見出しを作っておきます。

そうすると話の内容がぶれないままで最後まで展開しやすいです。

 

これは意外と書いてみると改善点が見つかったりして、順番を入れ替えたり試行錯誤が多いです。

 

でも、流れが決まっていれば、あとは詳細に書き込んでいくだけなのでスキマ時間を利用してちょこちょこ書き進めていたりします。

 

結果:スター★をつけてもらえることが増え、読者登録してくれる方も!

胸張って言えるほど大したことはしていないかもしれませんが、最初の頃は気合で記事を書いていたので、大きな進歩です。

 

ようやく、人に読んでもらえるカタチにできたと思います。

 

ありがたいことに、スターをつけてもらえることがちょっとずつ増えて、読者登録してくれる方もいて・・・。

めちゃくちゃうれしいです!!!

ホントにありがとうございます。

 

はてなブログで読者登録数に関する記事を読むと、100人以上の登録があっても「少ない」といっている記事がありました。

そういうブロガーさんからしたら、私の一歩はショボいのかもしれません。

 

でも、せっかく登録してもらったのに「まだこれしかいない」って思うよりも、「数か月前まで文章も上手に書けなかった私の記事を購読してくれる人ができた!」って考えたほうが人生楽しい気がします。

 

なので、声を大きくして言います!

うれしい!!わーーーい!!

 

 

なるべくスターもお返しできるようにしたいと思います。

 

自分の記事が読まれるようになって意識していること

なんとか記事を読んでもらえる形にできたことで、読者登録してくれる人もいて、記事を更新するたびにスターをつけてもらえるようになりました。

 

せっかく読みに来てくれる人もいるのだから、もっと楽しめるブログにしたい。

 

書いてる私ももちろん楽しいので、「読んでくれる人も楽しめるし、書いてる自分も楽しい」ブログなれたらいいな。

 

ブログとしては当たり前過ぎることですが、今まではそれが出来ていなかったので誰にも読んでもらえないブログでした。

 

超基本ですが大事にしていきたい考えです。

 

とりあえず今はやらないと決めたこと

4か月運営してみて「これはやらない」と決めたこともあります。

やっている人をどうこう言うものではなく、「今の私には合わなかったこと」です。

それは

  • 毎日更新
  • ブログのテーマを特化させる

 

ブログ的にはやったほうがいいことだとは思いましたが、今の私にはちょっと難しい。

その理由はこちら。

 毎日更新は生活に無理が出た

毎日更新はやろうと思っていたことはありましたが、時間的に無理でした。

寝不足になり、自分の仕事にも影響が出てしんどくなってしまったので、今後もやる可能性は低いです。

f:id:fukurou19:20210521212515p:plain

無理が出て生活リズムを変えた記事はこれ↓

fukurou-diary.com

 

最低でも週に1回は更新していきたいですが、「無理なくマイペースに長く続ける」が最優先です。

 

働きながら、1日に複数回更新しているブロガーさんは本当に尊敬します。

 

特化ブログはムリだった

当ブログは雑記ブログです。

 

しかし「ブログはジャンルを絞ったほうが読みやすい」という話もあります。

初心者だったので最初は「そんなものなのかー」くらいにしか考えていませんでした。

 

それが、ありがたいことに最近読者になってくれる人が増えまして。

次の記事のテーマを決める際に「あの記事書いたときに読者登録してくれた○○さんは、こんなテーマには興味ないかもしれない」という考えが頭をよぎるようになります。

 

「ジャンルは絞られていたほうが読みやすい」というのを心から納得しました。

 

そりゃね、勉強の記事書いて、健康の記事書いて、その次にシーリングスタンプで遊んだ記事を書いていますので、興味のない人はとことん興味がないかもしれません。

 

でもこればっかりは本当に申し訳ないんですが、このままでやっていきます。

 

私はまだまだ駆け出しの上、熱しやすく冷めやすい性格です。

テーマに縛られているとすぐにブログが嫌になるのが目に見えています。

 

長く続けたいので、いま気になっていること、書きたいことを書く雑記ブログのままにします。

 

その代わり、必ずタイトルは内容のわかるものにしますので、気になるテーマのときは読みに来てもらえるととっても嬉しいです。

 

読者になってくれた皆様に感謝!

最後になってしまいましたが、

読者登録してくださった皆さん、

記事にスターをつけてくださる皆さん、

 

ありがとうございます!!!

 

ブログ開設当時はアクセスがなさ過ぎて「半年後も誰にも読んでもらえないかもしれない」と不安に思っていました。

でも最近は記事を書くたびにスターをつけてもらえて、いつも元気をもらっています。

 

ちょっとした時間に楽しんでもらえるようなブログを目指していきますので、お時間があるときにまた見に来ていただけると、インターネットの向こう側でふくろうが小躍りして喜んでいます。

 

おわりに

さてさて、長くなってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

駆け出しふくろうのドタバタした4ヶ月目の記録でした。

同じような事で悩んでる方の力になれれば幸いです。

 

これは「未来の自分の振り返り用の記録」でもありますので、また不定期でシリーズ化して更新していくかも。

ちっちゃな一歩を踏みしめて、成長できているはず!

 

まずは「読んでくれる人も楽しめるし、自分も楽しい」を大事にしていきます。

 

このブログの今後が気になるという方は、また読みに来ていただけると嬉しいです。

 

それではまた、他の記事でもお会いできることを祈って。

 

ふくろうでした。