ふくろうの毎日一歩一歩

アラサー会社員のゆったりのんびりマイペースな雑記ブログ

ビジネス実務マナー検定2級の難易度は?1週間で受かった勉強法を解説

こんばんは、ふくろうです。

 

実は秘書検定を受けた1週間後にビジネス実務マナー検定2級も受けてきました。

受けた人の体験談探したんですが、ほぼなかったので今後受ける方の参考になれば幸いです。

 

ビジネス実務マナー検定とは?

秘書検定と同じ協会が主催する検定の一つです。他にもビジネス文書検定サービス接遇検定などがあります。

秘書検定よりもマイナーで受験者数も秘書検定よりもかなり少ないです。

 

なんでビジネス実務マナー検定を受けるの?

秘書検定を受けようと思って、ビジネス系検定のホームページへ行ってこの検定を発見し、秘書検定受験まで時間もあったので、これもついでに受けてみようという安易な考えで受験してしまいました。

でも、結果として秘書検定で学んだこととビジネスマナーとで無理なく知識を広げられたかと思います。

 

使用したテキスト

ビジネス実務マナー検定実問題集 1、2級

ビジネス実務マナー検定 受験ガイド

教材は市販されているのがこれだけで、秘書検定のように何種類もあるわけではないです。

過去問の改題が何問も出題されていたので、実問題集は目を通しておいた方がいいです。秘書検定受けた後だったので、実問題集の解説だけで合格するには充分だったような。受験ガイドはためになる読み物という感じです。

 

勉強時間と勉強方法

秘書検定受験の1週間後に試験がありました。覚えるべきビジネスマナーは秘書検定と被っているところがあり、秘書検定で勉強した知識がそのまま使えました。

 

ビジネス実務マナー検定の勉強は秘書検定の翌日から始めました。1週間前から勉強スタート。

まずは受験ガイドを1度全部読みました。ポイントごとにまとまっている教科書と言うより、一冊の読み物のような雰囲気です。

いろんな本からの引用もあり、マナーとはなんのためにあるのか、なかなか読み応えのある構成。

受験しなくても一読するとかなりためになるのではないでしょうか。しっかり読み応えあるので、読み切るのに4時間くらいかかりました。

 

読んだ後に、実問題集で過去問を解きました。記述問題もありますが、結構するする解けます。

テキスト読んだあとは1日1時間も勉強していませんが、過去問3周できて、1週間で時間が足りないということもなかったです。

 

試験当日

秘書検定と主催は一緒ですがこちらの方が会場が少なく、車で1時間くらいのところまで行きました。(この時点で若干受験を後悔した)

秘書検定と受験票が瓜二つで、同じ時期に届くので一緒に受ける方は間違えないようにしてくださいね。

 

受験者は秘書検定は2級会場には女性しかいませんでしたが、こちらは1割くらい男性でした。

 

出題された問題は過去問からの改題もかなりあったので、過去問しっかりやって理解しておけば問題なしです。

 

何が身につくの?

秘書検定は上司と部下との関係において必要な礼儀やマナー、秘書業務に必要な知識を身につける検定。ビジネスマナー実務検定は、社会人としてビジネスの場全般で必要な礼儀やマナーを身につける検定という印象です。社会に出る前の学生さんが社会人のマナーと心構えを学ぶという意味では有意義な検定かと思います。

 

学べる内容は秘書検定と共通している箇所がかなり多く、秘書検定の方が知名度がありますので、どちらを受けるべきか迷っている方には秘書検定の方をオススメします。難易度はこちらの方がやさしい印象でした。

 

1級は筆記試験に加えてスピーチの面接があるようなので、1級の方がやりごたえがありそう。

 

終わりに

うーん・・・。

秘書検定申し込みの際に見つけて勢いで受験したので、あまり熱量のない記事になってしまい、申し訳ありません。

受験者も少なく体験談も見かけなかったので、需要があるのかはわかりませんが数少ない体験談ということで・・・。

 

2つの検定を受験して、仕事と職場に慣れたからこそ礼儀やマナーに雑になっているところを見直す機会になりました。

秘書検定ビジネス実務マナー検定で合格をいただいていると、なんだかマナーに精通している人って感じで背筋が伸びますね。

(まだまだ全然そんなことはないんですけども)

ちゃんと恥ずかしくないマナーを心がけていきたいです。